ストレスや疲労を感じるならカウンセラーに相談しよう

悩む人

ストレスが蓄積する影響

仕事などでストレスを抱えてしまうことも多いかと思いますが、疲労を溜め込んでしまうことによって、体には様々な悪影響を及ぼしてしまいます。例えば口内炎ができてしまったり、肩こりや腰痛などもストレスから来ている可能性もあります。

相談

疲労を放置するリスクとは?

疲れを放置しておくと、食欲不振や吐き気を催してしまうことがあります。自律神経失調症や慢性疲労症候群、さらにうつ病になってしまうリスクもあります。疲労を感じることは脳から「体を休めよう」というとても大切なサインです。自分の体をちゃんと労り、休息をとって疲労が蓄積されるのを防ぎましょう。自分ではなかなか改善が難しい場合には、大田区のクリニックや相談室などにいるカウンセラーに相談するとよいでしょう。カウンセラーはいろんな方の話を聞いてきたので、とても理解力がありますよ。

ドクター

産業医の役割

職場によっては、産業医を導入している企業もあります。医師の中でも、労働衛生コンサルタントの資格を取得した者が、従業員の健康管理を維持していける役割を担っています。体調面だけでなく、メンタルヘルスなど精神面でもケアや相談に応じてもらうことができます。

ストレスと疲労の関係性を解説!

ストレスを感じる原因を紹介

ハート
no.1

仕事上でのストレス

ストレスを感じる場として最も多いのは、職場です。仕事上関わる人というのは上司や同僚、部下から取引先など、多岐に渡ります。その中でも、折り合いが悪かったり、馴染めない、いじめなど、人間関係から生じる悩みが原因で、ストレスを感じてしまいます。

no.2

親族とのトラブル

次にストレスを感じてしまう原因として多いのは、家族や親族とのトラブルがあります。特に一つ屋根の下で生活を共にしている場合には、心休まる場がなく、ストレスが溜まる一方となってしまいます。味方となるべくはずの家族とのトラブルは、精神的な苦痛も大きくなってしまいます。

no.3

SNS疲れ

ネット上で手軽に人間関係を構築することができ、コミュニケーションも取りやすいのがSNSの特徴ですが、使い方によってはストレスを感じてしまいます。流れてくる情報を常に意識することで、スマホから目を離せなくなったり、返事をしなければいけないことをストレスに感じる方は多いようです。

no.4

先行きに対する不安

仕事の雇用形態や給与面に対して「この仕事を続けていいのか?」という不安を感じたり、健康面での不安など、自分自身に対する悩みが大きくなり、それが原因でストレスを感じてしまうという方もいます。傾向としては、20代の若年層に多く見られます。

[PR]